ブログ 一覧

『グリーンメイト通信 第7号』発行!!2017.04.21

『グリーンメイト通信 第7号』発行!! この度グリーンメイトでは、「グリーンメイト通信 2017春号」を発行いたしました!この季節のお庭のお手入れの情報や、剪定教室などをご紹介しています!

2月の庭のお手入れ…『庭木の植え替え』2017.02.18

2月の庭のお手入れ…『庭木の植え替え』 2月は『庭木の植え付け・植え替え』に最適な時期です(^o^)...今日は天気も良く、庭仕事日和(^o^) 気になっていた『庭の模様替え』、庭木の移植をしました。 常緑樹、落葉樹、針葉樹…、樹木にはいろいろな種類がありますが、葉を落とした落葉樹や冬の間 地表部を枯らしている宿根草は、晩秋から春に芽が出る前の今の時期が移植の適期です。 木も寒くてお休み中ですと、掘り取る時に根っこを切っても木のダメージが少なくてすむんですね。 とは言え、木は樹種によって移植に耐えられる木、移植が難しい木というのがあります。 今日 我が家で引越した木は、落葉樹ではありますが後者のネムノキ…(^^;慎重に根っこをなるべく切らないように頑張ったから大丈夫だとは思いますが…ちゃんと根付きますように…明日はギボウシを移そうかな(^o^) ちなみに常緑樹は寒さに弱いので、移植は4月以降にしましょう(^o^)

一月のお庭のお手入れ 『寒肥』と『害虫の卵駆除』2017.01.15

一月のお庭のお手入れ 『寒肥』と『害虫の卵駆除』 「寒の入り」です。年明けのこの時期、この後に「大寒」を控え、「小寒」といいます。「寒さがまだ最大ではない」という意味ですが、今日は雪も降り、かなりの寒さです。 2月4日の『立春』が寒の明け。立春を境に寒さのピークを過ぎ、徐々に暖かくなってくるという事のようですが、いずれにしても本格的な寒さは始まったばかりですね。 こんな寒い時期は庭の木々もお休み中です。この時期は、また春に木々が元気に動き出し、キレイに花を咲かせるために肥料を与えましょう。 『寒肥』とはこの時期に、適量の肥料を木の足元に穴を掘って埋め込む作業ですが、やりすぎは禁物ですのでご注意を。 それと今注意しておきたいもう一つの作業は、害虫の卵の駆除です。この時期、葉に白いカイガラムシの卵などがよく付いています。見つけたら、卵のついた葉を全て切るか、ブラシなどでこさぎ取りましょう。面倒くさい作業ですが、春に孵化したら大変ですので天気の良い日をねらってチョット頑張りましょう!!

グリーンメイト仕事初め2017.01.04

グリーンメイト仕事初め あけましておめでとうございます(^o^) 我が岡崎建工(株)、グリーンメイトは今日が仕事初め。 社員全員で地元の到津八幡神社に毎年恒例の安全祈願に行って来ました(^o^) 今日も快晴??(^o^)今年一年 安全に留意し、仕事に取り組みます。 今年もグリーンメイトを宜しくお願い致します\(^o^)/

12月の庭のお仕事…『病害虫の卵の駆除』2016.12.03

12月の庭のお仕事…『病害虫の卵の駆除』 鮮やかだった木々の葉も色あせ、日に日に冷え込みが増し、もう冬の気配です(-.-)y-., o O キレイだった紅葉もほとんど落ち、辺りもだいぶ寂しげです。 こうなると あまり庭にも出なくなりがちですが、真冬になる前に一仕事^_^ この時期、庭木の幹や枝を見てみると、害虫の卵が見つかります。見つけました卵は、剪定バサミなどで擦り取り潰しましょう。コレを放置しますと、春に一斉に孵化してエラい事になることは容易に想像出来ますね(o_o) また落ち葉もいずれ腐葉土になるので…とそのままにしておくのも考えモノです。害虫や病原菌の越冬場所となりますので、処分するか地中に埋めたほうが賢明でしょう…少なくとも春になる前に^_^ それと、羽も足も無いムシ『カイガラムシ』…へんな虫デスが、れっきとしたセミの仲間の昆虫デス(*_*) これは成虫です。幼虫の頃は羽もあって飛び回っているので、見つけたら殺虫剤で駆除出来るのですが、成虫になると木に寄生してこのように動かなくなり、樹液を吸って成虫します。そして体をこの殻で覆うため、殺虫剤が効きません(^^;)見つけたらブラシなどで擦り取りましょう。


ページトップへ